<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エクステリア | main | セントラルクリーナー >>
ガスの安心機能

明日の天気は下り坂……(爆)
こんにちは。事務員です。


先日、キッチンの調理機器をどれにしようかという話をしてたんですが、IHクッキングヒーターにするには電気工事のアンペアを変更しないといけないので、その部分の費用が結構掛かるんですよね。
大体10万〜15万くらいかと思いますけど。
IHクッキングヒーターは非常に使いやすいと思うんですけど、初期投資が少し掛かります。
無論長い目で見れば……かもしれませんけど、その辺は予算もあるし、使い慣れたほうで行こうとか、いろいろある訳ですけども。

で、ガスもピンからキリまでですので、定価ベースの値段で行くと、10万弱くらいの値段から40万くらいの物まであります。
その中で、基本的にどのコンロにも付いていると言う装置が安全装置です。

平成18年から統一になったみたいなので、結構経ちますね。

*「安心センサー」(調理油過熱防止装置)
*「立ち消え安心装置」
*「コンロ消し忘れ消火機能」
*「グリル消し忘れ消火機能」

油が加熱しすぎないようにとか、途中で消えたら自動でガスをストップするとか、消し忘れても自動で消火するとか(コンロとグリル療法についてるみたいですね)

まず、火なので、それに対する安全装置は全部のコンロについていますね。

そのほかにも機種によってはオプションとして、鍋が置いてないと付かなかったり、焦げ付きを感知して過熱を止めたり?とかいろいろな機能が付いてきたようです。

何年か前に問題になりましたからガスの安全として機能が強化されたと言う事ですね。

おお!と思ったのが、付けたときに、中火から始まると言うもの。
最初から強火じゃなくて、中火から調節することが出来る機種もあるみたいです。
事務員が先日ガスコンロを使った時、ヤカンの下から炎がちらちら〜と見えたので少し弱めて使ったんですが、それが最初からそうなってると言うのはありがたいかも。
ビックリしなくていいし(え、そこ?)

IHをおススメすることが多い昨今ですが(苦笑)
ガスもですね。やっぱりガスじゃないと!と思うのがあるので、やっぱりそこは炎って必要なんですけど。
IHに慣れると鍋の周りに新聞紙を引いてしまうんだよなー(笑)
油撥ねとか防止したくてつい敷いてしまいますが。
流石にガスでは無理なので。

今はホントに使いやすいものもあるので、自分が使いたいときは両方欲しいです(爆笑)
御煮しめとかね。IHでは大鍋使えないし。

コレでお客様に説明しやすくなりました!(そのために調べてた/笑)

ではでは今日もお疲れ様でした!
5時だけど明るいですね!
お帰りの際は気をつけて!

* 17:05 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 17:05 * - * - *
 コメント
 コメントする