<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 壁紙 | main | 照明器具 >>
内装

昨日に引き続き、内装編です。
こんばんは。事務員です。

アクセント柄が流行っていると言う話をしましたが、書いただけだと伝わりにくいかもって事で。
以前にもきっとアップしたような気がしないでもないですが。



アポロチョコみたいで事務員は気に入ってます(笑)
施主様はそう思ったわけではなさそうなんですが……(苦笑)

1階部分はピンクで2階はベージュ…ですね。
巾木を使って縁切りをして、色を分けました。
こうしておくと、後で張替えする時に楽ですね。



和室の床の間では、色合いを迷った時に、部屋の色より少し濃い物を選ぶのが一般的ですというような話をします。
選んだ色が紺でした。
近くで見ると本当は柄が付いてるんですが、遠くからだとそれほど目立たず、部屋全体を締める感じがします。



床の色がワインチェリー、建具色がショコラだったので、全体的にシックな感じに。
さりげなくピンクが見えますが、お客様は和室にお通しすることが多いでしょうから、若干「お?」と思われても大丈夫、みたいな感じでセレクトされてました。
天井カラーが濃いのは珍しいです。
床カラーも濃いですが、上部までの壁が白っぽいので逆に白い方がアクセントになったかも。


こんな風にアクセント柄は、いろいろ使うことが出来ます。
簡単なのは、壁の一面を濃い目に、他は白っぽいものを、と言うのが簡単なアクセントです。

こちらの場合は、基本的にカタログに掲載されていた写真が判りやすいと言う事で主に選んでらっしゃいました。

最近は、部屋全体が一色ではなく、一面のみの遊びを取り入れているものが多いような気がします。

壁紙は張替えが容易なところが魅力的ですので。

と言う訳で、内装編でした!
暗くなりましたねー。
今日もお疲れ様でした!

* 18:04 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 18:04 * - * - *
 コメント
 コメントする