<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プラン | main | 無題 >>
木造住宅の耐震

良い天気が続いてますね。

シーツを取り込もうとしたら、突然吹いてきた突風に飛ばされそうになりました(爆)

あ、危なすぎる……。

また洗濯…、と言うより隣りの家とか、はたまた線路とかまで行ったら、汽車が走り始めた昨今大変なことになりますよね。

 

これからは、洗濯物心配しないとならないな……とちょっと思いました(爆)

 

こんにちは。事務員です。

 

いやその、これまで8年とりあえず洗濯物が線路に飛ばされることがあったとしても、恥ずかしくても取りに行けば済む話でしたけど、シーツなんて大きいものがべたっと張り付かれたら本気の事故になりますよね、と思い至りまして。

20年前に引っ越して来た時は、飛ばされないように気を付けないとならないねと話したのを思い出したものですから。

それまでも良く隣りに落ちてたなんてことはあったので。

考えて見れば、最近は共働きの世帯も多いから、外に干して夕方まで置いておく家庭は少なくなったのかなと。

そんなこんなで、明日も天気が良さそうなので気を付けたいと思います。

 

さて。

タイトルと全く違う事を書いてますけども。

当社ではいわて木造住宅耐震改修事業者に登録しておりまして(長い/爆)

昭和56年に大幅な改正があったみたいですが、変わったらそれに準じた建物を作るだけで、あんまり耐震の事は問題にならなかった気がするんですよね。

でも阪神淡路の震災があったことで、それ以前の木造住宅は耐震リフォームした方が良いですよ、補助出しますからみたいな流れが出たような気がします。

で、耐震診断を無料でやりますとかそんなのもあったんですが、いざリフォームとなるとそれなりのお金がかかってしまうので診断して終わりと言う物件も結構あったような気がします。

市のホームページ見たら、補助金事業は継続してましたが、募集は2件でした(笑)

誰か応募したかな……。

昭和56年以前だと37年前以前の住宅……。

そう言う住宅もそれなりに残ってますが、それを耐震リフォームするか?と言うと新築した方が良くない?ってなるんですよね(苦笑) 

 

で、今日は25年前に建てさせていただいたお客様から耐震リフォームしたいな、と言うより揺れを軽減させたいなと言うお話がありまして。

震度5強だとまあそれなりに結構揺れますしね…。(←震災の震度)

てことは、制震かなあと思うのですが、単純に筋交いの話でもないのでとりあえずいろいろある部材をピックアップして業者さんに計算して貰うことにしました。

 

で、耐震事業者として登録してると報告書を書かないとならないのですが、そこに耐震についての業務依頼や相談を受けたかと言う記載があるんですよね。

ここ数年耐震事業について何も記載することがなかったですが(笑)、今年度は一件書けるなと(笑)そんなことを思いました。

 

この件についてはまた後で書きたいと思います。

ではまた!

 

 

* 16:50 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 16:50 * - * - *
 コメント
 コメントする