<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 家具転倒防止金具取付支援事業 | main | 照明器具の取替時期 >>
続・家具転倒防止器具取付支援事業
連休最終日ですね!
さっきまでは明るかったんですが、だんだん曇ってきたような……。
雨もちらりと降ったような。
こんにちは。事務員です。

そんな訳で、昨日は2時間ばかり仕事をしてましたが。
今日は普通に現場は仕事してます。
なので、事務所に来ております(行くところがあったし)
連休……????(後で好きな時に休みます/チョキ笑)
(でもこの間まで私事で散々休んだからなー……。)

さて、週末に家具転倒防止器具取付支援授業関係であれこれと打ち合わせをしていましたけれども。
もう一件、「申込はしたけれど……」と言う方のお宅へ行って来ました。
話を聞くと、内容がよく判らない、と言う事で。
簡単に説明しますと。

ヾ鏘颪麓分で買うこと(或いは取付業者に買って来てもらう。実費です)
∧篏金で取付して貰える箇所は2箇所であること。
 その他に取り付けて貰いたい場合は、器具、取付共に実費となります。

こんな感じ↑。

お客様「…………………」
事務員「…………………」

で。
事務員「つまり、ご自分で取り付けが出来る場合は、ホームセンターで買って来てご自分で取り付ければ済みますが、取り付け作業が困難な方は利用すると宜しいかと思います」

お客様「……そうですね」

そんな訳で、取付作業が出来る人がいるから、頼まなくても良い、と言う話になりました(笑)

多分、事業的に判りにくいんだろうと思いました、よ。
ちなみにホームセンターと当社のカタログの商品は、当然商品が違うので値段が異なります。
特に、転倒防止ポールとかは結構値段が違ってたので「何で?!」と思いましたけど、ちゃんと理由がありました(当たり前/笑)

後は続きに書きます(隠すほどでも無いと思うけれども/笑)


ちょっと思った事。

多分、申込された方は器具と取付も2箇所なら補助金が出ると思っていたと思うんですよね。(何となくだけども)
それだと、個人的にお得感が出ます。
ま、市の事業なので個人の損得が掛かってくるようだと不公平って事で取付のみなんだと思いますが。
詳細が判らないままとりあえず申し込んだと仰ってたので。
地震対策は個人単位(家庭単位)の話になるので、器具の選び方によっては取付場所ごとに器具の金額も変わってくると思いますしね。

高齢の方や、障害を持っていて取付が出来ないって方はもっとたくさんいると思うんですが、どうにも周知されてないみたいですねー。
今後は、高齢者、障害を持っている方に限らず、広く募集すると言うことでしたけど、多分「取付のみです」と話したら、「じゃ、自分で付けます」って言う方多いと思うなー。

今回、天井と箪笥の間で突っ張るポールとか壁にベルトで固定するとか、金具で柱に固定とか4種類くらい器具の参考がありましたけど、他にも食器棚や箪笥の耐震ロック(中のものが飛び出さないように振動が掛かるとロックされる器具)とか耐震マットとか割と併用した方が良いと思われる器具がたくさんあるんですよね。

まず、自分の身に降りかかってくる事なので、ホームセンターだったり、我々のような大工さんだったりに聞いたり見たりして対策して欲しいなと思います。
同じように火災警報器もですね。これも自分の安全の為なので。
事業的に今後どうなるか判りませんけど、意識の啓発になれば良いんじゃないかなと思います。
とりあえずは、これを機会に自室の本棚にも取り付けようかと(苦笑)
倒れてきたら自分に当たる位置(爆)!!!

* 11:55 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 11:55 * - * - *
 コメント
 コメントする