<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
春の雪。
霙が雪に変わりました。
今年最後の雪になるんでしょうかね。
毎年の事ですけどコレがないと春が来ないという感じです。
おはようございます。事務員です。

昨日はブログを更新する暇も無く出かけてました。たらーっ
携帯はやっぱり更新しにくいので……と言い訳はしておきます。
地震のあった能登地域ですが、通常一ヶ月で出るゴミの量が一日で出ているとニュースでやってましたね。使えるかなと思っても、先にこの状況を何とかしないと、と言う感じになってしまいますよね。選別してる暇もないでしょうし……。
遊びに行ってるブログの方で自身の地震経験を綴ってらっしゃった方がいたんですけど。
テレビに映る状況より、もっともっと大変な事があるんだと思いました。
水とか電気とか、普段何気なく使ってますけど、それって管が地中にあって見えないし、電気線も家の中ではスイッチを入れたら電気が付きますけど、普段見えない天井裏や壁の中で線が張ってあるんですよね。それが揺れて切れてしまって使えなくなる。
そう言う事はこの状況にならないと、実際頭で判っていても感じない事です。
今の住宅には換気のダクトやら、水道管、暖房不凍液の管、電気線などなどいろんな線が這っていますから…。
お風呂も、大抵毎日入って当たり前ですもんね。
それにしても「正直、地震が人事だと思っていた」地域なだけに更に住民の方も驚きを隠せない状態なんだろうなあと思います。
岩手県民含め、東北の方はとりあえず、「いずれ来る」とは誰もが思ってますし。

その時私たちはどんな風に行動するんでしょうね。
ちょっと考えてしまいます。
ではまた!
* 10:13 * comments(0) * trackbacks(0) *
耐震免震減震制震
ブログのテンプレートを変更したのを忘れていて、一体どこのブログ?と画面をまじまじと見つめてしまいました(馬鹿)
おはようございます。事務員です。

能登の地震はまだ続いているようですね。
日曜日に呑気な話をあげてましたが…(汗)
知人が金沢にいたので心配しましたが、そちらは大丈夫なようで。
地震の被害状況が判るにつれて、地震の怖さを感じます。
以前、この辺であった震度4強でもかなり強い地震でしたしね。
カタログがどさどさ落ちていましたし。
とは言え、震度4〜5くらいだとこのくらいなんだなと感じて変な安心をしてしまっているのも事実。
地震対策が殆ど取られていない現状を見るとそうなのかなと思います。

次の日の新聞に、既存住宅の早めの耐震補強が望まれると書いてあったんですが
今までにある耐震補強工事の事を考えるとどうしても金銭的に…な話が出ます。
お金をかけずに、と言うと、耐震金具等が露出する形だったので(テレビで見た耐震補強の仕方ですが)見た目が…という方も多いでしょうし。
家だけでなく地盤的なことも問題になりますしね。
実は、先日資料請求した会社が、そう言う耐震的な部分や地盤沈下に対する工事をしている会社だったんですが、次の日に電話が来まして、資料を送って貰えれば、詳しい回答が出来ますとの話。
耐震に関しては、既にやれる部分はやっているので、お金を掛けないと言う点で次回はプラス減震の住宅に取り組む予定なんですが、地盤補強が必要な地盤でもあるので柱状工事以外で安く仕上るのか、どの程度の補強になるのか興味深いです。

いつも思うことですが、(地震が起きるたびに思いますけれど)
出来るところからしなければ、と思います。
テレビが飛んできたとか言われるとやっぱり震度6の威力は凄いんだなと思いますし。
とりあえずウチでは、飾り棚の扉が開かないようにすることでしょうか…?

それではまた。
一刻もも早い復旧をお祈りします。
* 09:20 * comments(0) * trackbacks(0) *
火事。
今日は寒いです。冬です。普通に冬の気がします。
日本語がおかしいとか気にしてはいけません(これでも国文学科卒/笑)
こんにちは。事務員です。

さて、そんな訳で今日はテストの振込みをして来ました。
先日行った講習会のテストです。
何度もこんな事で北海道まで行きたくありません。
飛行機に乗れるようになっただけとか最悪すぎる[:がく〜:]

寒い寒いと言いながらのお昼過ぎ、火事を告げる防災無線が響き渡りました。
聞いているとお客様の家の近くだと言う事で電話確認。
幸いにもお客様の家ではありませんでしたが…。
詳細は判りませんが、家人の方に何事もなければと思います。

前にもお話しましたが、昼間の火災では通常、皆さん起きているのでどうにか逃げる事が出来る確率が高いです。
今年に入ってからも何件も火災の記事を目にしますが、やはり犠牲者が多いのは夜中の火事。気付くのが遅れると言う事です。
先日の某お店での火事は夜ではありませんでしたが、警報器が鳴っていたらもっと早く気付けたかもしれません。
警報器はその名の通り「警報」です。危険を察知して教えてくれる道具の事です。
決して広くはない住宅の中で、気付くのが遅かった為に逃げられず悲しい結果になったりもします。

通常、私の家ではIHクッキングヒーターを使っていますが、たまにガスコンロの火を見ると非常に気を遣います。普段家の中で火を見ないからです。せいぜい御仏壇のローソクとか、でしょうか? ガスコンロや反射式のストーブ、薪ストーブ、ボイラーを長年使っていたにもかかわらず、家の中での火は「気を付けなくちゃ」「危ない」と思います。
昨今はどちらかと言うとIHクッキングヒーターを便利だと言う事でおススメしていますが火の怖さを教えるにはガスコンロもあった方が良いのかも、と考えたりします。

火災警報器メーカーの回し者ではないですが(笑)安心を得るための道具ですので、まだの方は取付をおススメします。
無論当社でも承っておりますのでお気軽に。

ではまた!

* 16:51 * comments(0) * trackbacks(0) *
火災警報器の話
灯油が切れてしまったのでエアコンを付けてみました。
こんばんは。事務員です。

エアコンは事務所では普段使用しません。(夏は扇風機・冬はファンヒーター)
何となく勿体無い気がするんですよね。
今は、灯油が高いので最新のエアコンだとエアコンの方が安く済むそうです。
前にも言いましたね、多分。

さて、今日は火災警報器の話をします。
6月に新築物件には火災警報器の取り付けが義務化されましたが、既築の場合は市区町村ごとに取付け猶予期間が異なります。
ちなみに宮古市は平成22年までに取付ければ良いと言う事になっています。
とは言え、安全の為に付けるのですから取付ける事に早すぎると言う事はない訳で。
当社でも取り扱いしていますし、既に当社の80%のお施主様が取付け済みです。

取付け義務のある箇所は「寝室」と「階段室」の部分ですから、最低2箇所は取付け箇所があると言う事になります。
台所が入っていないのはどうしてだろうと思いましたが、台所で火を使うのは必ず起きている時です。寝ながら火を使う事はありませんよね。
火事で命を落した方の殆どが、「就寝中で逃げ遅れた」と言う事例があります。
「寝ている時に火事が起こって気付くのが遅れて逃げられなかった」
それを防ぐ為の警報器です。

煙は上へ上へと伸びますから、台所や居間(一階にあるものとします)で火事が起きた時に階段部分の警報器が作動し、火が回る前に起こしてくれる訳です。

警報器は電池式で10年間持つタイプが主流です。
何種類かある中で最も経済的かと思います。
NSマークが付いたものを選びましょう。

冬は火事が起きやすい季節です。
消防署の方は毎日ご苦労様です。
……大変ですよねー(とってもローカルネタ/笑)
それではまた!
* 17:37 * comments(0) * trackbacks(0) *
<< | 2/2PAGES |